文字拡大・音声読み上げ                      

障がい者サービス

 
市原市立図書館 〒290-0050 千葉県市原市さらしな5丁目1番地51 電話番号 0436-23-4946 FAX 0436-24-7777
 トップ 利用案内 施設案内 サイトマップ よくある質問 雑誌スポンサー   
 

利用状況確認

ログインしていただくと
下記のサービスが利用できます。
 

利用状況確認へ ログイン

 

図書館(室)カレンダー

カレンダー下の真中のボタンをクリックすると詳細表示となります。
中央図書館、各読書施設の休館日とイベントが表示されます。
※2020年11月30日まで
 

【中央図書館の開館時間】
午前9時30分~午後5時まで
 水・金曜日は1階第1フロア・第2フロアのみ午後7時まで
 ※水・金曜日が祝日開館と重なる場合は午後5時まで
*公民館・コミュニティセンター図書室の開室時間はこちらをご覧ください。

 

サイト内検索

公式ツイッター

QRコード

QRコード
アドレスを携帯電話に送る
上のQRコードもご利用ください。
 

お知らせ

お知らせ
12345
2020/10/27new

秋の読書週間事業「おすすめ本のPOP展」開催について

| by 図書館管理者
読書週間(10月27日から11月9日)です。若宮小学校・八幡東中学校の児童生徒や、社会奉仕体験・インターンシップ(京葉高等学校)・図書館実習の方々が選んだおすすめの本を読んでみませんか。

1階中央通路にてPOPの展示を開催中です。展示期間は11月26日までです。
 ポップ1

ポップ2

ポップ3
15:08 | イベント
2020/10/23new

動画(図書館・高校吹奏楽)上映中!(10月25日(日)まで)

| by 図書館管理者
市原市立中央図書館では、2階視聴覚ホールにて、市原市公式YouTubeチャンネルで配信中の動画2本を令和2年10月25日(日曜日)までリピート上映しています。

1 上映番組
(1)動画『~子どもたちの一日図書館員体験に密着~「知の情報拠点」図書館の魅力を探る!』(15分)
(2)動画『いちはらに響け私たちの音色 高校吹奏楽部の夏』(15分)
2 上映時間
 午前9時30分から午後4時30分

インターネットの環境がない方でも視聴できるチャンスです。また、ホールの大画面での視聴はスマートフォンとは違った迫力があります。
入場自由となっていますので、お気軽にご来場ください。

10:24 | イベント
2020/10/08

令和2年度子どもと読書講座開催!

| by 図書館管理者
子どもと読書講座「古典にしたしもう!『更級日記』は市原から始まった」
11月1日は「古典の日」ってご存じでしたか?今年は「更級日記千年紀」にちなみ、子ども向けの講座を開催します。

1 開催日:令和2年11月1日(日) 午前11時から12時
2 場 所:中央図書館 2階 視聴覚ホール
3 内 容:『更級日記』を身近に感じられるよう、講師の先生にお話していただきます。
4 講 師:石田典子氏(元国語教師)
5 対 象:小学4年生から中学生
6 定 員:20名
7 参加料:無料
8 申込方法:電話か、中央図書館の児童カウンターで直接お申し込みください。
 令和2年10月10日(土曜日)午前9時30分から受付を開始します。
9 問合せ・申込先:市原市立中央図書館 電話0436-23-4946

子どもと読書講座ポスター
14:09 | お知らせ
2020/10/02

あいチャンネル放送『「知の情報拠点」図書館の魅力を探る!』を放映

| by 図書館管理者
あいチャンネル放送にて、一日図書館員体験編と「もっと前へ」な一冊編が放送されます。
放送日時 10月2日(金曜日)から11日(日曜日) 午後1時から(15分間)
     10月12日(月曜日)から22日(木曜日) 午後6時から(15分間)
放送内容
①子どもたちの一日図書館員体験に密着
 五井小学校6年生の仲良し3人組が、一日図書館員になります。体験を通して図書館の新しい魅力を発見します。
②小出譲治市長がおすすめする「もっと前へ」な一冊
 『更級日記-日記に綴られた平安少女の旅と物語への憧れ』
 著者:濱野京子 出版:岩崎書店 出版年月:2016年3月
 菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)が、上総の国(現在の市原市)から都に戻るまでのエピソードや京での生活等を描いた古典の入門に最適な一冊です。
市原市Youtube公式チャンネル『CityIchihara』にて動画配信もします。
 https://www.youtube.com/watch?v=s1CZAEnCA60





11:35 | お知らせ
2020/10/01

中央図書館の利用制限の緩和について

| by 図書館管理者

中央図書館では、10月1日(木曜日)から利用制限を緩和いたします。

・利用人数を定員の上限に変更
*令和2年9月29日(火曜日)から令和2年11月30日(月曜日)までの期間
・利用時間制限の廃止
・全ての閲覧席の利用再開
全ての利用者検索機(OPAC)の利用再開
・全ての情報端末の利用再開
・フロアソファーの一部利用拡大

・持込みパソコン席の一部利用拡大
・拡大読書器の利用再開
・全ての視聴覚コーナーCD・DVDブース
の利用再開
冷水器の利用再開


引き続き利用できる主なサービス、利用できない主なサービスは以下のとおりです。

【引き続き利用できる主なサービス】
・図書、雑誌、視聴覚資料の貸出(館内閲覧資料を除く)
・当日事前電話での取り置き資料の貸出
・返却(返却のみの方は返却ポストをご利用ください。ただし、視聴覚資料・紙芝居・大型絵本は入館受付またはカウンターまで)
・予約・リクエスト受付(書名をご提示ください)
・図書利用カードの登録・亡失・変更
・レファレンスサービス
 対面での会話をできるだけ短くするため、相談内容の記入をお願いすること、調査に時間を要する場合は後日回答することがあります。
・マイクロフィルムリーダープリンター

【引き続き利用できない主なサービス】
・対面朗読

【感染拡大防止策】
3つの密(密閉・密集・密接)を避けるため、以下の対策を講じます。
・窓や扉の開放による換気を行います。
・混雑時は入館(入室)人数及び利用時間の制限をする場合があります。
【来館される皆様へのお願い】
来館前に発熱のないことをご確認ください。不明な方は検温にご協力ください。
マスク着用にご協力ください。
入館時に手指の消毒、または手洗いをお願いします。
カウンター前ではマークにそって整列し、閲覧や移動の際は、他の方と間隔を取るようにしてください。
感染防止のためのビニールカーテンはめくらないようお願いします。
館内での密予防の心がけをお願いします。

運用については、状況に応じて変更する可能性があります。変更した場合は、当ウェブサイトでお知らせいたします。
公民館・コミュニティセンター図書室については、各館の状況によって利用できるサービス等が異なることもありますので、ご了承ください。


10:31 | お知らせ
12345